日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問81.....火災予防の訓練は実際の場合( )、行われた。
1.をよそに
2.はもとより
3.に即して
4.に引きかえ

問82.....カーレースはいろいろな国のスポーツカーが、抜きつ( )の大接戦となった。
1.抜きつ
2.後れつ
3.抜かれつ
4.進みつ

問83.....父は、たばこ歴20年。健康のため「今日( )タバコをやめます」と家族に宣言した。
1.をはじめ
2.をもとに
3.を抜きに
4.を限りに

問84.....彼は世間の冷笑( )、自らの信念を貫き通し、研究を完成させた。
1.をものともせず
2.のみならず
3.いかんによって
4.と相まって

問85.....一学生の発言( )次々と学校批判が続出し集会は大混乱となった。
1.までもなく
2.を余儀なくされ
3.ではあるまいし
4.を皮切りに4

問86.....彼は情勢を楽観しすぎる( )。あれでは、今後、いろいろと問題が起きると思う。
1.べきではない
2.ものがある
3.までもない
4.きらいがある

問87.....彼は酒癖が悪くてね。最初は明るくていいんだけど、酔っぱらってくると、上司の悪口を言い始め、最後には泣き出す( )だ。
1.終始
2.始末
3.始終
4.結末

問88.....いえ、本当にこの目で見たんです、ネッシーを。幻覚だと( )ですがね。
1.言われれば幻覚
2.言われればそれまで
3.言うなら現実
4.言うならそれから

問89.....もし主役が決まっていたらどうしよう......。しかたがない。その時は( )。あれこれ考えていないで、まずはあたってみよう。
1.ひきさがるわけだ
2.ひきさがるまでだ
3.突き進むわけだ
4.突き進むまでだ

問90.....勉強、勉強といっても、ただ勉強する時間が多ければ良い( )。効率の良い勉強方法を工夫しなければ良い成績にはつながらない。
1.きらいがある
2.といったらない
3.というにはあたらない
4.というのもでもない

 
 

www.JLPT N1.com