日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問121.....たかが不合格だとは思っても、「死にます」って手紙に書いてあったんだ。命に( )ことなんだ。ほっておけないよ。
1.いたる
2.かかわる
3.あたる
4.かわる

問122.....勉強家の弟( )、兄は遊んでばかりいる。
1.にひきかえ
2.はもとより
3.とはいえ
4.とともに

問123.....大人気だった第一回目のコンサートにも( )、今回はチケット発売時から申し込みが殺到している。
1.ひきかえ
2.まして
3.いたって
4.あたって

問124.....あなたのためを思えば( )、こんなに厳しくいうのです。
1.から
2.こそ
3.すら
4.だけ

問125.....こんな簡単なことは、わざわざ先生にきく( )、辞書をひけばわかります。
1.ほどもなく
2.わけもなく
3.はずもなく
4.までもなく

問126.....だれもが有名になりたがるが、有名である( )悩みというものもある。
1.ごとくの
2.かわりの
3.がゆえの
4.だけの

問127.....きみの実力を( )すれば、日本語能力試験など恐れるにたりない。
1.ように
2.とって
3.かぎりに
4.もって

問128.....まわりの人々の忠告( )、わがままを通してきた彼ももうすぐ人の親になる。
1.をよそに
2.はもとより
3.はやはり
4.をかぎりに

問129.....課長のSは、策略家で、社長に( )、いろいろ裏工作をしていると聞く。
1.ならぬがために
2.ならんがために
3.なるまいがために
4.ならないがために

問130.....子どものけんかに親がわざわざ口出しをする( )。それぐらいのこと子ども同士で解決させろ。
1.までだ
2.までもない
3.ものだ
4.のもでもない

 
 

www.JLPT N1.com