日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問141.....もぎたてのブドウは本当においしい。これほどのおいしさは、産地ならでは( )。
1.味わうことができる
2.味わうばかりだ
3.味わいかねない
4.味わえない

問142.....「ミスをなくせ」と言われても、機械ではあるまいし、完璧な仕事は、そう簡単に( )。
1.できるものではない
2.できるつもりはない
3.できないものでもない
4.できないつもりはない

問143.....冗談が好きでいつもみんなを笑わせてくれる彼だが、少し冗談が( )。
1.過ぎるにたえない
2.過ぎるきらいがある
3.過ぎないまでのことだ
4.過ぎないものがある

問144.....優しくて冷静な彼といえども、場合によっては感情的な反応を( )。
1.示さんばかりである
2.示しつつある
3.示すまい
4.示すこともある

問145.....不況が続く中、どの会社も生き残るために必死である。しかし、社員( )会社なのだから、社員に負担をかけるようなことは、できるだけ避けなければならない。
1.かぎりの
2.ずくめの
3.まみれの
4.あっての

問146.....今の情報化社会では、メディアを通してさまざまな体験ができるようになった。だからこそ、実際に( )体験することの重要性も増してきている。
1.身をおいて
2.身をもって
3.身をものともせず
4.身をよそに

問147.....なぜ、彼女はわたしに相談してくれなかったのだろう。わたしに相談してくれさえすれば、いくらでも力になった( )。彼女の立場を思うと分からないでもないが、いまさらながら、悔やまれる。
1.ものの
2.ものだ
3.ものを
4.ものか

問148.....消費税を廃止しろと言う人がいる。しかし、歴史を後戻り( )。むしろ、所得税をすべて消費税に切り替えることの方が、現在の消費社会に適していて現実的だ。
1.させるべきではない
2.させるしかない
3.させないわけがない
4.させないではすまない

問149.....知人のK氏は、日本の大都市で暮らしながら、毎年、母国から来日する留学生の世話をしている。自分の仕事をもちながら苦労して後輩のめんどうを見るのは、彼自身、かつて留学生だった( )。後輩を育てることが、現在の彼の生きがいである。
1.からにはしかたがない
2.よりほかにない
3.からにほかならない
4.ことになっている

問150.....今、思い出してみると、学生時代は本当にのんびりしていた。それが、就職して社会の一員に( )、ほとんど自分の生活をふりかえる余裕もなく、仕事に追われる毎日となってしまった。
1.なったそばから
2.なってからといもの
3.なろうものなら
4.なってからでないと

 
 

www.JLPT N1.com