日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問181.....話をおもしろくするためだろうか、あの人はものごとを大げさに言う( )。
1.きらいがある
2.きらいではない
3.きらいらしい
4.きらいがない

問182.....勉強よりまず健康のことを考えるべきだ。試験に合格しても、病気になってしまったら( )。
1.それまでだ
2.それからだ
3.それほどだ
4.それのみだ

問183.....息子は一流の音楽家になるといって家を出た。大変だが、きっと目的を達成せずには( )。3
1.おいてあった
2.おくことはない
3.おかないだろう
4.おくべきではない

問184.....悪条件を( )、参加者全員が見事にゴールインした。
1.ものともせず
2.ものとして
3.ものならず
4.ものながら

問185.....朝起きてまずお茶を飲むことが習慣になっている。お茶( )一日が始まらない。
1.なければ
2.なしには
3.ないので
4.ないのに

問186.....年を取るに( )私も父親に言われたことと同じことを自分の子どもに言うようになってきた。
1.ひきかえ
2.そって
3.つれて
4.しても

問187.....何ヶ月も前から準備してきたからには失敗( )と思うが、不安が残る。
1.せずにはいられない
2.せざるをえない
3.するかもしれない
4.するはずがない

問188.....おくびょうで( )、用心深くなり、危険を避けることができるのだ。
1.ありえず
2.あるがまま
3.あればこそ
4.あってさえ

問189.....あの名人も初めからこんなに仕事ができたわけではない。若いころは、先輩のやることを見て、できない( )その真似をしていたのだった。
1.ながらも
2.つつも
3.たりとも
4.からでも

問190.....太陽と( )永遠に輝いているわけではない。いつかは消え去るときがくる。
1.いえども
2.いったらば
3.いえばこそ
4.いったからには

 
 

www.JLPT N1.com