日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問391.....何の予告もなし( )面接試験をされてあわてた。
1.に
2.の
3.を
4.も

問392.....10年間続いた「俳句の会」は次回( )限りに終了することになりました。
1.が
2.で
3.まで
4.を

問393.....こんなに頼んでも断られるなら、あきらめる( )だ。
1.こそ
2.から
3.まで
4.より

問394.....あの子は大学に合格( )からというもの遊んでばかりいる。
1.する
2.した
3.して
4.しよう

問395.....台風で電車が止まっているから、出かけよう( )出かけられない。
1.にも
2.でも
3.とも
4.かも

問396.....国際法を学ぶ( )法学部に入学した。
1.べき
2.べからず
3.べし
4.べく

問397.....子供は海に( )なり水遊びを始めた。
1.着く
2.着いた
3.着いて
4.着かない

問398.....こんな難しい問題にえられる( )彼はやはり優秀な学生だ。
1.とは
2.として
3.とも
4.とか

問399.....その結論に( )お考えをお聞きしたい。
1.対した
2.関した
3.した
4.至った

問400.....彼は貧しさ( )十分な教育が受けられなかった。
1.ゆえに
2.なりに
3.ながらに
4.なしに

 
 

www.JLPT N1.com