日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問431.....時間がなかった( )、準備が整わず申し訳ありません。
1.からは
2.もので
3.ことだから
4.ものなら

問432.....5年ぶりに会った甥は、見違える( )成長していた。
1.ほど
2.だけに
3.さえ
4.かのように

問433.....実力がありながら、上司の評価が低い( )出世できない社員もいないわけではない。
1.ものの
2.ように
3.ところで
4.ばかりに

問434.....私の作品が金賞をいただくとは、光栄の( )でございます。
1.いたり
2.かぎり
3.わたり
4.めぐり

問435.....この企画は委員会の決定( )作られた。
1.からして
2.にそって
3.にあって
4.について

問436.....細かい手作業に( )、本田君の右に出るものはいない。
1.かけては
2.たいして
3.向けて
4.つけては

問437.....若いうちは何にでも積極的に挑戦してみる( )。
1.ことです
2.ばかりです
3.はずです
4.ところです

問438.....うちの息子( )、学校にも行かずにアルバイトばかりしている。
1.といっても
2.としては
3.としたら
4.ときたら

問439.....経験の浅い新人の( )、不手際も多いかと思いますが、よろしくお願いいたします。
1.ものを
2.だけに
3.ことゆえ
4.ことから

問440.....政治家のスキャンダルは、( )個人の問題のみならず、政治全体の問題である。
1.ひとり
2.ひとつ
3.ひとこと
4.ひとたび

 
 

www.JLPT N1.com