日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問441.....卒業する学生諸君、君たちの今後の活躍を( )やみません。
1.願い
2.願わざるを
3.願って
4.願わずに

問442.....王家の贅沢の( )を尽くした宮殿はすばらしいといったらない。
1.至り
2.高み
3.深み
4.限り

問443.....営業成績を上げる( )、社員全員ががんばっている。
1.べく
2.だに
3.なり
4.とは

問444.....国境周辺での衝突を( )、両国の戦闘が開始された。
1.もとにして
2.ぬきにして
3.きっかけとして
4.はじめとして

問445.....失恋の痛みは身を( )経験してはじめてわかるものだ。
1.とって
2.もって
3.かけて
4.つけては

問446.....「できない」と言ってしまえば( )が、とにかくやるだけやってみよう。
1.それだけだ
2.それまでだ
3.そのとおりだ
4.それよりほかない

問447.....この事件は解決まで( )、犯人はすぐに逮捕された。
1.時間がかかるまいと思いきや
2.時間がかかると思いきや
3.時間はかからないまでも
4.時間がかかるにしても

問448.....一度客の信用を( )、もう店の営業は成り立たなくなる。
1.失うかぎり
2.失えば失うほど
3.失うにしたがって
4.失おうものなら

問449.....彼女は「さあ帰れ」( )玄関のドアを開けた。
1.と言わんばかりに
2.と言ったところで
3.と言ったばかりに
4.と言うまでもなく

問450.....定年まで勤め上げる( )、老後の生活の保障があるわけてはない。
1.につけても
2.としたところで
3.にしては
4.にはかかわりなく

 
 

www.JLPT N1.com