日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問591.....年を取ってからの勉強は効率が悪い。聞いた( )忘れていくのだから。
1.あいだに
2.や否や
3.そばから
4.うちに

問592.....空の青さと紅葉のあざやかさとが( )、秋の高原は絵のように美しい。
1.あい変わらず
2.あいまって
3.ともなって
4.集まって

問593.....市価より2,3割安い( )、商品はあっという間に売り切れてしまった。
1.といえども
2.からして
3.とあって
4.からといって

問594.....ごくわずか( )、景気回復の兆しが見え始めた。
1.にしては
2.ながら
3.にひきかえ
4.ながらに

問595.....低温に( )野菜の品種改良が待たれている。
1.たえる
2.たる
3.あたる
4.かかわる

問596.....息子はほとんど家にいない。帰ってきた( )、またすぐ出かけてしまう。
1.かと思うと
2.ばかりに
3.やいなや
4.なり

問597.....この報道は必ずしも真実を伝えているもの( )。
1.とは思えない
2.にちがいない
3.であろう
4.にあたらない

問598.....国民の信頼( )政治家がなんと少ないことか。
1.にあたる
2.にたる
3.にいたる
4.におよぶ

問599.....電車が動かないなら、歩いて帰る( )。
1.くらいだ
2.ほどだ
3.わけだ
4.しかない

問600.....よくよく( )うえで決めたことだから、たとえ失敗してもいいじゃないか。
1.考える
2.考えた
3.考えて
4.考え

 

 
 

www.JLPT N1.com