日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問601.....社長の命令( )、長期の出張も引き受けざるをえない。
1.としても
2.にせよ
3.にしては
4.とあれば

問602.....失恋の悲しみは身をもって経験して( )わかるものだ。
1.いよいよ
2.とうとう
3.はじめて
4.いまだに

問603.....こんなことを言えば彼女を傷つけることになると知り( )、言わざるをえなかった。
1.かねて
2.つつも
3.かけて
4.すぎて

問604.....政治家が次々に逮捕されるという事態に国民は失望を( )。
1.極まりない
2.かたくない
3.ほかならない
4.禁じ得ない

問605.....勉強が好きではない( )、高校はちゃんと卒業しておいたほうがいい。
1.にしても
2.ながら
3.といって
4.として

問606.....生物はより優れた子孫を( )、激しい生存競争を展開する。
1.残しかねて
2.残すまいと
3.残さんばかりに
4.残さんがために

問607.....私の後ろの男は、早く行け( )私の背中を押した。私は危うく倒れるところだった。
1.とばかりに
2.といっても
3.といわず
4.としても

問608.....一見すると古くて汚いが、これらの道具の中には一つ( )余分なものはない。
1.たりとも
2.に限って
3.なりに
4.にひきかえ

問609.....ボランティア活動は経験の有無( )、だれでも参加できる。
1.をもって
2.を問わず
3.と言わず
4.をおいて

問610.....対応がもっと早ければ被害は少なくて済んだ( )、救助が遅れて被害が広がった。
1.もので
2.ものの
3.ものか
4.ものを

 

 
 

www.JLPT N1.com