日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問631.....マイホームを手に入れようと決心した兄は、昼も夜も汗( )になって働いた。
1.ずくめ
2.ばかり
3.たっぷり
4.まみれ

問632.....三つや四つの子供では( )、いつまでも人に頼っていてはだめだ。
1.ないだろうと
2.あるまいし
3.なくても
4.ありそうもなく

問633.....過去の失敗を今さら( )ところで、どうにもならない。
1.悔やむ
2.悔やみ
3.悔やんで
4.悔やんだ

問634.....一緒に入社した彼が昇進したのに( )、私はいまだに平社員のままだ。
1.かえって
2.ひきかえ
3.かかららず
4.かわって

問635.....今回の事件も( )、最近、犯罪の犠牲となって命を失う人があとを絶たない。
1.もっともだが
2.のみならず
3.かまわず
4.さることながら

問636.....ひと雨ごとに春( )、何となくうきうきした気分になる。
1.づいて
2.のように
3.めいて
4.っぽく

問637.....人間六十歳( )、多かれ少なかれ、先のことを考えるものだ。
1.ともなると
2.からすると
3.からして
4.となってみたら

問638.....わが社は今回の台湾進出を( )、今後海外に進出していく予定である。
1.はじめに
2.中心に
3.かわきりに
4.先頭に

問639.....大学進学を決めた( )、合格するべく頑張らなければならない。
1.次第
2.もので
3.ことから
4.以上

問640.....社長は、二十歳( )すでに今の会社の基礎を築いていたそうだ。
1.にして
2.になって
3.において
4.にとって

 

 
 

www.JLPT N1.com