日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問781.....彼はあらゆる困難を( )ともせず、人命救助のためならどこへでも出かけて行く。
1.こと
2.もの
3.わけ
4.はず

問782.....昔の父親というものは、父親( )家族に弱みを見せてはいけないと思っていた。
1.であれ
2.たるもの
3.あっての
4.たりとも

問783.....専門家( )、そんなことわかるわけないじゃありませんか。
1.のこととて
2.だけあって
3.じゃあるまいし
4.とあって

問784.....K氏は国交回復の交渉を( )べく、A国にひそかに入国した。
1.進める
2.進めよう
3.進め
4.進められる

問785.....今日のこの新しい門出にあたり、お二人の末永いお幸せをお祈りして( )。
1.なりません
2.やみません
3.たまりません
4.しょうがありません

問786.....S社は借金までして事業を広げたが、不景気で売上が伸びずついには倒産する( )。
1.きりだ
2.べきだ
3.なりだ
4.に至った

問787.....その件については、さきほど担当の方より私どもに十分( )ました。
1.ご説明申しあげ
2.説明いたし
3.ご説明され
4.ご説明いただき

問788.....毎年、休暇でヨーロッパ旅行とは( )。
1.うらやましいとはかぎらない
2.うらやましいところだ
3.うらやましいかぎりだ
4.うらやましいまでもない

問789.....たとえ未成年でも、意図があって相手を傷つけたものはそれなりに( )。
1.罰せさせるしかない
2.罰せられるべきだ
3.罰しかねない
4.罰するはずではない

問790.....今回新しく開発されたコンピューターのソフトは従来の情報社会に影響を( )。
1.与えずにはいかない
2.与えることを余儀なくされるだろう
3.与えないではいられない
4.与えずにはおかないだろう

 

 
 

www.JLPT N1.com