日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問801.....彼は会の間じゅう終始上機嫌で、今日ばかりは嬉しさをかくし( )様子だった。
1.つくせない
2.きれない
3.つけない
4.ぬけない

問802.....私は勤勉ではないが、( )、それほど勉強がきらいというわけでもない。
1.かといって
2.といい
3.というのは
4.というのも

問803.....彼は37年間勤めつづけた銀行を今日( )退職することになった。
1.をきっかけに
2.をよそに
3.を末に
4.を限りに

問804.....彼はいつも愛想がよかった。それは子供ながら、彼の生きんが( )手段であった。
1.ものの
2.ための
3.わけの
4.ことの

問805.....夏休みに私が帰宅したら、待ってました( )姉に子守りを頼まれてしまった。
1.ばかりに
2.ばかりか
3.わけの
4.ことの

問806.....「さあ、冗談( )、もっとまじめに話し合いましょう。」
1.をもとにして
2.次第で
3.はぬきにして
4.に先立って

問807.....彼の外国旅行の時の失敗談は、いつ聞いてもおかしいといったら( )。
1.ない
2.あろう
3.あれ
4.あらぬ

問808.....彼は、10年( )逃亡生活に疲れ果てて、ついに死を選んだのであった。
1.にまして
2.に足る
3.に及ぶ
4.に促した

問809.....このような時ですから、今後は何が( )、驚かないでください。
1.起これば
2.起ころうか
3.起これ
4.起ころうと

問810.....私のような者がこのように立派な賞をいただけるとは、光栄( )でございます。
1.の至り
2.の次第
3.が最後
4.の上

 

 
 

www.JLPT N1.com