日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問991.....責任者みずから( )、他の人がいくら謝っても許さない。
1.謝る限り
2.謝らない限り
3.謝ろうが
4.謝るにかかわらず

問992.....いつも用心深い妻がドアを開けっ( )出かけている。どうしたのだろう。
1.あげく
2.きり
3.まま
4.ぱなしで

問993.....女性の進学率の上昇に( )、結婚の年齢も遅くなっている。
1.もとづいて
2.ともなって
3.わたって
4.関して

問994.....けちな人に( )、他の人のことを「あいつはけちだ」と言うものだ。
1.ついて
2.限って
3.関して
4.対して

問995.....大人だって急に酒を飲むと死ぬことがある。子どもに酒を飲ませてはいけないのは( )。
1.いえなくもない
2.いうまでもない
3.いわない方がいい
4.いわないでもない

問996.....子どもなら皆かかる病気です。すぐ治りますから、ご心配には( )。
1.さしつかえません
2.かけません
3.およびません
4.なさいません

問997.....国民の命を見殺しにした政治家にはげしい怒りを( )。
1.禁じなかった
2.禁じえなかった
3.禁じられた
4.禁じていなかった

問998.....どうしても貸してくれというなら( )が、何に使うのかね。
1.貸すわけでもない
2.貸すこともない
3.貸さないでもない
4.貸さないわけがない

問999.....いくらダイエット中でも、目の前にこんなごちそうを出されたら( )。
1.食べずにいられない
2.食べてはいられない
3.食べないではおかない
4.食べるわけにはいかない

問1000.....「子ども時代は思いきり遊ばせた方がいい」と、皆思っている。ところが、自分の子どもの( )、「少しでも早く勉強を始めさせた方がいいのでは」と不安にかられてしまう。
1.ことをみると
2.こととなると
3.ことにすれば
4.ことであろうと

 
 

www.JLPT N1.com