日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問1011.....平和なれば( )、将来の夢を語ることができる。
1.から
2.ゆえに
3.こそ
4.さえ

問1012.....いまさらどんなに後悔した( )、取り返しはつかないだろう。
1.ものでも
2.どころか
3.ものが
4.ところで

問1013.....暑かった去年の夏に( )、今年の夏は寒いくらいだ。
1.ひきかえ
2.反対に
3.逆に
4.おきかえ

問1014.....もう年だなあ! 勉強しても覚える( )忘れてしまうよ。
1.途中から
2.そばから
3.あとから
4.一から

問1015.....わずか8歳( )、その少年はチェスのプロである父親を負かした。
1.として
2.になって
3.にして
4.としては

問1016.....彼女は、息子が婚約すると、本人( )家族や親戚のことまで調べた。
1.をはじめて
2.はもとより
3.ならずも
4.といわないまでも

問1017.....一人息子が家を( )からというもの、母親はいきる力を失ったようだ。
1.出て
2.出た
3.出る
4.出よう

問1018.....軍隊のような規則( )の生活は、もうまっぴらだ。
1.だらけ
2.まみれ
3.ずくめ
4.ばかり

問1019.....私の青春は戦争でつぶされた。今の平和が続くことを願って( )。
1.きりない
2.おわらない
3.やまない
4.かぎりない

問1020.....教師( )もの、学生を叱るよりまず自分自身が勉強しなければ。
1.たる
2.なる
3.ある
4.さる

 

 
 

www.JLPT N1.com