日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問1201.....いつまでもお若くて( )ますね。若さの秘訣は何ですか。
1.ござい
2.おられ
3.いらっしゃい
4.あり

問1202.....今さらどんなにくやしがったところで、取られたお金が( )。
1.戻ってくるかもしれない
2.戻らずにはすまない
3.戻るわけではない
4.戻らざるをえない

問1203.....山の天気も荒れてきたし、みんなも疲れている。残念だが引き返すより( )。
1.ほかはない
2.ほかならない
3.にあたらない
4.に相違ない

問1204.....才能とは生まれつきのもので、自分で努力してもどうにもならないところがある。ましてや、( )。
1.努力もしないで言い訳をしてはならない
2.努力次第ではなんとかなるかもしれない
3.他人がとやかくいってもしかたがない
4.他人の助けがあれば伸びることもある

問1205.....「常に子どもには優しくあれ」と言われても、母親だって神様ではあるまいし、ときには( )。
1.怒らずにはいられない
2.悔しいはずがない
3.優しくなれなくもない
4.厳しいとしかいいようがない

問1206.....寝坊してしまって、約束の時間まで後10分しかなかった。タクシーを急がせたけれども( )。
1.遅刻せずにはおかなかった
2.間に合いようがなかった
3.遅刻はまぬがれた
4.間に合わないところだった

問1207.....子どもが減っているので、受験戦争も緩和されるだろうと思いきや、親は「一人か二人しかいない子ども( )いい学校に入れたい」と、ますます熱を上げ始めた。
1.といえども
2.だからこそ
3.次第では
4.こととて

問1208.....インターネットのおかげで、障害があって家から出られない人が、家に( )、世界中の情報に接することができるようになった。
1.いるに関わらず
2.いながらにして
3.いようといまいと
4.いると同時に

問1209.....子どもたちが、はなやかで現代的な仕事にばかりあこがれる( )、それは社会の目立たないところでコツコツと働いている人の存在を我々大人が忘れているからではないだろうか。
1.ともなく
2.とにかく
3.とすれば
4.ともあれ

問1210.....勉強は、がんばればがんばるほど成果が速く出ることが多い。しかし生き物を育てる仕事は、がんばったからといって成果が早く( )。何もしないでじっと待っているのが一番、ということもある。
1.出るはずがない
2.出ないはずがない
3.出るわけがない
4.出るとはかぎらない
 

 
 

www.JLPT N1.com