日本語能力試験
N1 文法
 
問題

問題 次の文の________の部分に入れるのに最も適当なものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
問1291.....あの人の才能と飾らぬ人柄を、私は尊敬して( )。
1.たまらない
2.しようがない
3.限りない
4.やまない

問1292.....母はいつも忙しい。さっき、料理を作っていたかと( )、今はもうミシンを踏んでいる。
1.すると
2.したら
3.思うと
4.見たら

問1293.....身の回りのこともできない( )、「ぼくは自立している」なんて言わないで欲しいわ。
1.からして
2.次第で
3.くせに
4.に関せず

問1294.....明日から夏休みの( )、学生の心はもう故郷に飛んでいる。
1.ために
2.こととて
3.ところで
4.からこそ

問1295.....ひとりが批判の声をあげたのを( )、皆からいっせいに今まで押さえていた不満の声があがった。
1.最初に
2.最後に
3.皮切りに
4.封切りに

問1296.....カーレーサーはかっこ良く見えても、危険( )仕事だ。
1.極まらない
2.極まりない
3.極まった
4.極める

問1297.....あの人は明るくて親切だが、ややおせっかいが過ぎる( )がある。
1.性能
2.せい
3.がち
4.きらい

問1298.....裏切られたことを知った彼は、烈火の( )怒り狂った。
1.ごとし
2.ごとき
3.ごとく
4.ごとに

問1299.....全部答えなくて結構です。答え( )範囲で答えてください。
1.かねる
2.うる
3.かねない
4.ざる

問1300.....一生懸命お金を( )、ほとんど税金に取られるのは馬鹿らしい。
1.かせぐどころか
2.かせいだところで
3.かせぐまいが
4.かせいだが最後
 

 
 

www.JLPT N1.com