JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第1回
文字・語彙・文法
解答

問題IV 次の文の下線( )をつけた部分は、どのような漢字を書きますか。同じ漢字を使うものを1·2·3·4から一つ選びなさい。

(1)南極かん(そく)船の乗組員は、家族と一年間も離れて暮らす。
1.建物の(そく)めんを赤い色で塗った。
2.海底トンネルを作るために海の深さを(そく)ていする。
3.飲酒運転はき(そく)により禁じられている。
4.この手紙を(そく)たつで送ってください。

(2)その音楽家は(しょう)がい独身でした。
1.(しょう)らい家を建てるために貯金します。
2.一か月の(せい)かつひはどのくらいですか。
3.あの(せい)ねんが老婦人を助けました。
4.山田さんはとても(しょう)じきな人です。


(3)彼女はいつもはでな(ふく)そうをしている。
1.二人はみんなにしゅく(ふく)されて結婚した。
2.習ったことはその日のうちによく(ふく)しゅうしておきなさい。
3.上司の命令には、たとえふ(ふく)でも従わなければならない。
4.この事件には(ふく)すうの人間がかかわっていると思う。

(4)彼がやったというしょう(こ)はない。
1.その説には、何のこん(きょ)もない。
2.この車は安かったが、(こ)しょうが多い。
3.最近の若者のファッションはだれでも同じで、(こ)せいがない。
4.大学生のときに、運転めん(きょ)をとった。

(5).人手不足を(だん)かいてきに解消する。
1.先生とそう(だん)して、進路を決める。
2.大きい通りを渡るときは、必ずおう(だん)歩道を渡ってください。
3.この商品は、ね(だん)も安いし、品質もいい。
4.公害の問題で海外からちょうさ(だん)が来日した。
 

back

www.JLPT N1.com