JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第3回
文字・語彙・文法
問題Ⅳ

問題IV 次の文の下線( )をつけた部分は、どのような漢字を書きますか。同じ漢字を使うものを1·2·3·4から一つ選びなさい。

(1)計画は、とくに問題もなく、(じゅん)ちょうに進んでいるようだ。
1.その場になって困らないように、十分(じゅん)びをしてきた。
2.この製品を作るには、(じゅん)すいなアルコールが必要だ。
3.先生は、生徒の名前を(じゅん)ばんに読み上げていった。
4.人間の体内には、血液が休みなく(じゅん)かんしている。

(2)彼は、最近仕事を失い、新しい生活をも(さく)しているところだ。
1.この本の終わりには、丁寧な(さく)いんが付けられている。
2.政府は、なかなか有効なたい(さく)を打ち出すことができないでいる。
3.この(さく)せんは、絶対に失敗することが許されない。
4.プリントの上から十行目までを(さく)じょしてください。


(3)多くの人が、知らないうちに時間をろう(ひ)している。
1.今度の旅行は、あまり(ひ)ようがかけられない。
2.彼は、いつも(ひ)にくな言い方をする。
3.花の咲いたあとに、十分(ひ)りょうを与えたほうがいい。
4.毎晩帰りが遅いせいか、(ひ)ろうがたまっているようだ。

(4)理想を追うのもいいが、ときにはだ(きょう)することも必要だ。
1.じょう(きょう)によっては、無理をせず、あきらめることもある。
2.あの兄弟は、いろいろ(きょう)つうする性格をもっている。
3.昔と比べて、ここのかん(きょう)もだいぶ変化してきた。
4.多くの国々と(きょう)ていを結んで、交流をはかる。

(5)この大会のうん(えい)は、実行委員会が行っている。
1.日本の文化は、さまざまな国の文化の(えい)きょうを受けている。
2.(えい)せいに十分注意すれば、伝染病は防げる。
3.会社では、長年(えい)ぎょうをやっています。
4.うちのテレビは古くなったので(えい)ぞうが乱れる。

ANSWER

back

www.JLPT N1.com