JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第6回
文字・語彙・文法
問題Ⅵ解答

問題VI 次の(1)から(10)の言葉の意味が、それぞれのはじめの文と最も近い意味で使われている文を、1・2・3・4 から一つ選びなさい。

(1)はこぶ……何度電話しても担当者が不在なので、さっぱりことがはこばない
1.交渉が順調にはこぶように努力している。
2.この港には世界中から貨物がはこばれてくる。
3.許可をもらうためには役所に何度も足をはこぶ必要がある。
4.親鳥はせっせとえさをはこび子を育てる。

(2)ひどい……先輩からひどいことを言われて、泣いてしまいそうになった。
1.ひどいけがをした子供は、なんとか助かりそうだ。
2.ちょっとぶつけただけなのに、ひどくへこんでしまった。
3.こんな安い給料で夜遅くまで働かせるなんて、ひどい社長だよ。
4.試験の点数はひどいものだった。


(3)もつ……そんなに忙しくて、よく体がもつね。
1.この建物はあと5年はもつだろう。
2.この店の支払いはわたしがもつよ。
3.自信をもって発言した。
4.地図をもって山に登る。

(4)かげ……小さな魚は、岩のかげに隠れて眠るものが多い。
1.霧の中に人のかげらしいものが浮かんで見えた。
2.夕日に照らされた木のかげが地面に長くのびている。
3.顔の右半分は、光が当たらないため、かげになっている。
4.山のかげにはまだ雪が残っている。


(5)かためる……もう少し市場を調査してから販売方法をかためよう
1.政府と与党との話し合いで予算案がかためられる予定だ。
2.工事を始める前に土台をしっかりかためなければならない。
3.ゼリーをかためるためには冷蔵庫に入れるのがいい。
4.雪を握ってかため、ぶつけ合って遊んだ。

(6)あく……パソコン、あいたら使わせてください。
1.このびんのふたは、わたしの力ではあかないみたいだ。
2.週末なので、ホテルの部屋はひとつもあいていない。
3.電車のドアがあくと、乗客たちがいっせいに降りてきた。
4.あきれてしまって、あいた口がふさがらない。


(7)いっしょ……黙って借りるのは、どうぽうといっしょだよ。
1.野菜と肉をいっしょに煮ると、いい味が出る。
2.きのうは、夜おそくまで彼女といっしょだった。
3.自由とわがままをいっしょにしてはいけないと思います。
4.ドライバーはペンチといっしょにしておいてね。

(8)ふれる……ほおにふれる風が快い。
1.首相は、今日の記者会見では、経済問題にふれなかった
2.展示してある絵には、決してふれないこと。
3.わたしは、法にふれることはなにもしていない。
4.最後の章で外国での日本研究の動向にふれておきたい。


(9)あまい……子供にあまい親が増えているようだ。
1.あまい言葉には気をつけた方がいい。
2.最近、あまくない飲み物がよく売れている。
3.どこからともなくあまい香りが漂ってきた。
4.山中先生より中村先生の方が採点があまい

(10)かける……この作品は時間をかけてていねいに仕上げた。
1.たき火をした後、バケツで水をかけて消した。
2.新しいカーテンをかけ、壁に絵を飾った。
3.君には苦労ばかりかけてすまない。
4.あの夫婦は一人息子の結婚式にずいぶん金をかけたらしい。
 

back

www.JLPT N1.com