JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第8回
文字・語彙・文法
問題Ⅵ解答

問題VI 次の(1)から(10)の言葉の意味が、それぞれのはじめの文と最も近い意味で使われている文を、1・2・3・4 から一つ選びなさい。

(1)ふく……ずっと活動していなかった火山が突然火をふいた
1.この辺では、冬のあいだ海から強い北風がふく
2.だれかがふえをふいている。
3.お湯がわいて、やかんがさかんに湯気をふいている。
4.スープが熱くて、フーフーふいてさました。

(2)あげる……例をあげてていねいに説明した。
1.自分の考えを主張するなら、根拠をあげるべきだ。
2.能率をあげないと、間に合いそうにない。
3.感動のあまり、声をあげて泣いた。
4.努力して、素晴らしい成果をあげた


(3)あかるい……日本経済立て直しの見通しは、あまりあかるくない
1.山田さんは、物理の先生だが文学にもあかるい
2.問題解決について、思ったよりあかるい展望がひらけてきた。
3.あかるい黄色が、暗い背景によくはえる。
4.いいしらせを伝えるときは、声もあかるくなる。

(4)あと……せなかにやけどのあとが残っている。
1.入学試験まで、あとわずかとなった。
2.この種の事故があとを絶たなくて、警察でも困っている。
3.この作文は何回も書き直したあとがある。
4.僕は山本君の2か月あとに入会した。


(5)あたり……結果が出るのは来月あたりになるらしい。
1.中山さんは人あたりがいいので、友だちがおおい。
2.一人あたり8000円で日帰りのバス旅行ができる。
3.この映画がこんなにあたりを取るとは思わなかった。
4.あの会社との交渉は、鈴木君あたりが適当だと思う。

(6)はしる……彼はおだやかな人柄で、極端な言動にはしることはない。
1.鋭い痛みが右の肩にはしった
2.この年ごろの少年は、ちょっとしたきっかけで非行にはしる
3.届いたばかりの新車をためしにはしらせてみた。
4.平野の真ん中を国道が東西にはしっている。


(7)とく……道路工事が終わり、交通規制がとかれた
1.ホテルについて荷物をといた
2.父の誤解をとくのはむずかしい。
3.もう安全だと判断して警戒をといた
4.この薬は水でといて飲んでください。

(8)かるい……かるいけがで済んで、本当に運がよかった。
1.寝る前に、かるい運動をするとよく眠れる。
2.ぶじに責任をはたして、気持ちがかるくなった。
3.あの人の動きのかるいのには、驚く。
4.よりかるい素材の研究開発を行っている。


(9)……この作品の価値がわかるとは、林さんもが高い。
1.うっかりして「駐車禁止」の標識がに入らなかった。
2.このセーターはがあらくてすぐ引っかかる。
3.騒ぎに巻き込まれて、ひどいにあった。
4.社長は人を見るがある。

(10)あそぶ……これだけの土地をあそばせておくとはもったいない。
1.コンピューターを使って仕事をしているのかと思ったら、あそんでいた。
2.動物の中であそぶのは人間だけだといわれていた。
3.子供を通りであそばせるとあぶない。
4.使いこなせる人がいなくて、せっかくの機械があそんでいる。
 

back

www.JLPT N1.com