JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第9回
文字・語彙・文法
問題Ⅵ

問題VI 次の(1)から(10)の言葉の意味が、それぞれのはじめの文と最も近い意味で使われている文を、1・2・3・4 から一つ選びなさい。

(1)あな……実行に移す直前になって、計画に重大なあながみつかった。
1.子供のころ、地面にあなを掘って宝物を隠すのが好きだった。
2.母は家計のあなをどうやってうめるか、苦労している。
3.今度の対戦相手の守りには、どこといってあながない。
4.ズボンのポケットに知らない間にあながあいていた。

(2)とち……旅行に行く先々で、そのとちの風俗に触れるのが楽しみだ。
1.「あわてる」ということを、とちのことばでは違う言い方をする。
2.とちの値段が安くなったと言うが、そうかんたんには買えない。
3.祖父は先祖代々のとちをいくらか売って、父の学費を出したそうだ。
4.ここのとちは、米作りには向かない。


(3)いろ……仕事と家事のほかに親の看病が一月も続けば、疲労のいろは隠せない。
1.こちらがしっかり守って得点を許さないので、相手チームにあせりのいろが出てきた。
2.日に焼けていろが黒くなった。
3.開会式では、地元の小学生が歌を歌っていろをそえた。
4.にじのいろがいくつあるか、国によって数え方がちがう。

(4)しだい……相手の言い方しだいで、こちらの態度も変わってくる。
1.医者は、検査結果が分かりしだい連絡すると言ってくれた。
2.まことにはずかしいしだいだが、電車で居眠りをして、終点まで行ってしまった。
3.あした何をするかはそのときの気分しだいだ。まだ決めていない。
4.晴れていた空がしだいにくもってきた。


(5)うまい……楽にもうかるうまい話はないものか。
1.祖父の病気見舞いにスープを作って行ったら、「うまい、うまい」と飲んでくれた。
2.うまいことに、有力者がわれわれの計画に賛成して援助してくれることになった。
3.林さんは本当に料理がうまい
4.この階段はうまく設計してあって、とても上り下りしやすい。

(6)くるしい……両親は、くるしい中からできるだけのことをしてくれた。
1.会社は不況の中でくるしい経営を続けている。
2.友達が悲しんでいるとき何もできないのもくるしいものだ。
3.これだけの根拠でそれほど強い主張をするのは、くるしいのではないか。
4.せきがくるしくて眠れなかった。


(7)つとめる……市では、「人と自然の調和した町」をテーマに、環境の整備につとめている。
1.金田さんは大学を出てからしばらく会社につとめていたが、今は家で酒屋をやっている。
2.国際会議で議長をつとめることになった。
3.このごろは女性でもつとめたことがない人はめずらしい。
4.健康のために、からだを動かすようにつとめている。

(8)きる……先方は自分の言いたいことを言って、いきなり電話をきった
1.うっかりしてナイフで指をきってしまった。
2.参加者の中でまず口をきったのは、いちばん年上らしい男性だった。
3.この文は、ここできったほうがいいか、それとも次に続けたほうがいいか迷っている。
4.中田さんは医者に言われて減量を始めた。100キロ以上あった体重が90キロをきったそうだ。


(9)よぶ……結婚式はよばれないと行けないが、葬式はよばれなくても行くものだ。
1.駅で電車を待っていると、大きな声で「伊藤さん、伊藤さん」と私をよぶ人がいる。
2.自転車で転んで頭を打ったとき、近くにいた人が救急車をよんでくれた。
3.この野菜は関東ではカボチャ、関西ではナンキンとよばれている。
4.めずらしいものがあったら、人をよんでみんなで食べるといっそうおいしい。

(10)はねる……不良品は検査ではねられる
1.雨が降っていたので、服に泥がはねてしまった。
2.音楽学校を受験して、筆記試験はとおったが、ピアノの試験ではねられた
3.公園では、小さな子供が一日中とんだりはねたりして遊んでいる。
4.横断歩道ではないところで道を渡ろうとして、車にはねられる事故が多い。

ANSWER

back

www.JLPT N1.com