JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第10回
文字・語彙・文法
問題Ⅳ解答

問題IV 次の文の下線( )をつけた部分は、どのような漢字を書きますか。同じ漢字を使うものを1·2·3·4から一つ選びなさい。

(1)彼がピアノのコンクールで優勝すると(かく)しんしている。
1.今年の冬はひ(かく)てき過ごしやすい。
2.明日の会議に何人出るか、もう一度(かく)にんしよう。
3.よく準備した結果、試験にごう(かく)した。
4.次回のオリンピックでメダル(かく)とくを目指している。

(2)(いん)りょくとは、物体が互いにひっぱりあう力である。
1.映画館がまん(いん)で入れなかった。
2.二国間の条約がまとまり、後はちょう(いん)しきを待つばかりだ。
3.経済が悪化するのには、いろいろなよう(いん)が考えられる。
4.この言葉がどこに出ているか、さく(いん)で調べなさい。


(3)この土地は国がしょ(ゆう)している。
1.(ゆう)やけが美しい。
2.アルバイトをする時間的よ(ゆう)がない。
3.先生から(ゆう)えきなご意見をいただいた。
4.今はアルバイトより勉強を(ゆう)せんさせたい。

(4)夏の日に水をまいてもすぐ(じょう)はつしてしまう。
1.これは(じょう)りゅうして作った酒です。
2.か(じょう)な宣伝はやめるべきだ。
3.この店はよくはん(じょう)している。
4.この部屋のてん(じょう)は低い。

(5)この国では、(せい)みつ機械を輸出している。
1.この学校には(せい)ふくがある。
2.子どもたちを校庭に(せい)れつさせた。
3.災害にあい、外国に援助をよう(せい)した。
4.買い物をして(せい)さんをすませたら、お金がなくなった。
 

back

www.JLPT N1.com