JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第11回
文字・語彙・文法
問題Ⅶ解答

問題Ⅶ 次の(1)から(5)の言葉の使い方として最も適当なものを、それぞれの1・2・3・4から一つ選びなさい。

(1)よほど
1.寝坊して会によほど遅刻した。
2.電気がなかったころの暮らしはよほど想像できない。
3.この店のお菓子はよほどおいしいからすぐ売り切れてしまう。
4.この画家の場合、新しい作品より若いときの作品のほうがよほどおもしろい。

(2)ぺこぺこ
1.面接試験のときは心配で頭がぺこぺこになってしまった。
2.夜遅く一人で帰るときは、こわくてぺこぺこしている。
3.電車が遅れたので、駅員がぺこぺこあやまっている。
4.たくさん買い物をしたので、いくらかかるかと思ってぺこぺこした。


(3)仮に
1.仮に勉強したら、成績が上がった。
2.仮に努力をすれば、成功するかもしれない。
3.仮に自分が病気になったことを一度は考えるべきだ。
4.仮に1ドルを120円として費用を計算してみよう。

(4)ショック
1.古いショックがまだきいている。
2.大きな事件を体験したショックから立ち直れない。
3.留守の間に泥棒が入ったことを知ったときはショックした。
4.近くに雷が落ちたため、エレベーターがショック中で動かない。

(5)あざやか
1.あざやかな畳のいいにおいがする。
2.病気があざやかに治ってうれしい。
3.取ったばかりの野菜は、あざやかでとてもおいしい。
4.あざやかな色が好きだ。地味な色、暗い色は好きではない。
 

back

www.JLPT N1.com