JLPT
N1.com

日本語能力試験
最上級 第20回
文字・語彙・文法
問題Ⅳ

問題IV 次の文の下線( )をつけた部分は、どのような漢字を書きますか。同じ漢字を使うものを1·2·3·4から一つ選びなさい。

(1)わが社の社長室のドアは、いつも開けておくのが(かん)れいになっている。
1.海で泳いでいる人に事故がおきないように(かん)しする仕事をした。
2.寒くなると血液のじゅん(かん)が悪くなる。
3.父は(かん)ちょうの役人だった。
4.私は毎朝1時間近所を散歩することをしゅう(かん)にしている。

(2)この町は歴史があり、ぶんか(ざい)に恵まれている。
1.(ざい)せいが悪化したため、予算が少なくなった。
2.せん(ざい)を使っても、なかなかきれいにならなかった。
3.あのレストランは、いつも新鮮なそ(ざい)を使っている。
4.この商品の(ざい)こがあるか調べよう。


(3)いまどきそんなことを言うのは、時代さく(ご)だ。
1.つよい相手なので、かく(ご)して試合に臨んだ。
2.彼は私の言ったことを(ご)かいしている。
3.この国では、映画が庶民の(ご)らくとして人気がある。
4.私はかい(ご)の仕事をしている。

(4)エネルギーの(かく)ほがこの国の課題だ。
1.狭いのでかん(かく)をあけずに並んでください。
2.オリンピックでのメダル(かく)とくをねらっている。
3.彼女は将来きっと出世すると私は(かく)しんしている。
4.組織のへん(かく)を混乱なく行きたい。

(5)子どもたちのも(はん)になるような生活をしたい。
1.むやみに人をひ(はん)してはいけない。
2.この(はん)がはヨーロッパでも人気がある。
3.スパードい(はん)をして、警察に捕まった。
4.試験の(はん)いは1課から5課までだ。

ANSWER

back

www.JLPT N1.com