JLPT
N1.com

日本語能力試験
上級 第15回
文字・語彙・文法
問題Ⅴ

問題V 次の文の言葉の使い方として最も適当なものを、1, 2, 3, 4から最も適当なものを一つ選びなさい。

(1)実に
1.実にこの目で見たんですから、間違いありません。
2.申し訳ありません。実に私がやったんです。
3.実に言いますと、本社のほうから指示がありまして   
4.実に残念なご報告をしなければならないのですが。

(2)ふもと
1.ビルのふもとの小さなレストランで食事をしました。
2.山のふもとに小さな村があります。
3.足のふもとの小さな石につまずいてころんでしまった
4.大きな木のふもとに小さな花が咲いていた。



(3)がっかり
1.楽しみにしていた旅行に行けなくなってがっかりした。
2.自分が作った会社がうまくいくとがっかりした。
3.会えないと思っていた人に偶然会えてがっかりした。
4.すぐ緊張するタイプなので、スピーチの前にはがっかりする。

(4)スピード
1.このガラスはスピードを増してあるので、ボールをぶつけても割れません。
2.この火山のエネルギーはこのところスピードを増してきています。
3.夏が近づくにつれ、気温はスピードを増してきた。
4.トラックは徐々にスピードを増していった。

(5)差別
1.そんなことで人を差別してはいけない。
2.たまごを割ったら、黄身と白身に差別してください。
3.先に来た人から10人ずつ差別してすわってもらいました。
4.彼は、「ひ」と「し」の音をきれいに差別して発音できる。

ANSWER

back

www.JLPT N1.com